楽典、理論とか

#. 一流は一流を知る

『最初にセブンス・コードを覚えたのは、クラッシュのアルバムでしたから』

アベフトシ

パンクは単純だと思われているが、実は引き出しが多いと話して

Guitar Magazine 2009年10月号

どういうことですか?

#. ないものねだり

『クローズド・ボイシングってギタリストにとって憧れなのかもしれない』

藤本一馬

ギターの魅力はオープン・ボイシングにあると語って

Guitar Magazine 2003年9月号

どういうことですか?

#47. だってジャズだもん

『終わった時のコードがその曲のキーなのさ』

Al Kooper

Ed Kingに「Dの曲をGの曲のように弾く理由」を尋ねた時の返答を紹介して

Guitar 1994年夏号

どういうことですか?

#45. 1を聞いて12を知る

『「そんなことは関係ない。これはDのブルースだ。」』

Buzz Feiton

Neil Larsenにコードを尋ねた時の答えについて語って

Guitar 1995年7月号

どういうことですか?

#19. 熟練の技

『カクシアジね』

Marty Friedman

メジャー7th音から7th音へというフレーズを解説して

– Guitar 1998年3月号

どういうことですか?

#13. 感覚派

『電信柱にカラスがとまっているようにしか見えないよ』

Robert DeLeo

譜面は読めるかと尋ねられて

– Guitar 1998年1月号

どういうことですか?