kikutomo notes
日本語で言えることは日本語で。

applipediaという発想

6月 9th, 2010 by admin

Applipediaというと、既にPalo Alto Networksが販売しているアプリの名前になっているのですが、それとは別にアプリケーションとしてのEncyclopediaというものを考えてみました。

発売初日、たまたまApple Storeを覗いたら在庫があったので買ってしまったiPadを手放せなくなってしまい、先月にも増して電子出版について考える機会が増えたということもあります。一方では総務省、文科省、経産省が「海外の波にさらわれてしまう」危機感から規格策定に乗り出す、などというニュースも目にし、ガラパゴスの近海に防波堤でも作るつもりかという怒りを覚えたり、ということもありました。

思うに、「電子書籍」というものの定義がまだまだ未成熟であるがゆえに、さまざまな問題が見えづらくなっているのかもしれません。日本ペンクラブの阿刀田高さんは「グーテンベルクの時代からずっと続いている紙の本をどうしていくのか、考える必要がある」と述べられているようですが、こと小説、物語ということに関して言えば、グーテンベルクの時代より遥かに昔から存在していたのです。

さらには「電子出版でざっと読んで、その上でじっくり読みたい、何回も読みたい、手元に残したい、というものは紙の本を買うだろうと思う。」という発言もありましたが、これとて私からすれば真逆の発想であって、「手元に残したいが保管場所がない」からこそ電子データは有り難いように思うのです。私はクラフト・エヴィング商會さんの大ファンであり、彼らの著作はもちろん、彼らが装丁を手がけた本については多くを所有しています。しかし実のところ、読むにあたっては文庫化を待ったりもしているので、ハードカバーの単行本は「モノ」としての所有欲のみで買っていると言えるでしょう。

つまり、「読むこと」に関する欲求と「持っていること」に関する欲求は、誰にとっても一致するものではないということですし、それが「末長く読みたい」から、「じっくり読みたい」から、「電子書籍」という選択だってあるはずだと思うのです。

これはひとえに小説や物語といったものが、ある時点で作者に固定化されるはずのものだから、と言えるかもしれません。固定化される前提であるからこそ、紙にするか、電子にするか、という議論が成立するのかもしれないということです。

一方で、「雑誌」というものを考えると、これは小説がストックであることの対比として「フロー」にあたるものと定義できそうです。人々にとってのニュースソースが、紙媒体からPCや携帯を含むWebに移行してきた過程同様、フローである雑誌に求められるのはいっそうの即時性でしょう。

即時性を前提に、堀江さんが提案されているようなメルマガという形態での雑誌や、その他の新しい配信方法というものが検討されるのではないでしょうか。フローである前提ならば、環境への影響ひとつとっても、紙の善し悪しについての判断がしやすいはずです。

そうして考えると、まったく性質の違うものを「電子書籍」として括っている以上、紙かデータかの感情論だったり、データの規格、販売方法などについての優劣、勝ち負け、といった論議に偏りがちなのは仕方がないように見えます。グーテンベルク云々との対比でなく、必要なことはまず先に「何を」というところの定義や分類に立ち返って考えることと、その上で「どのように」配布するか、という順序で考えて、初めて適した形態と方法が決まるのだと私は思うのです。

作家が純然たる「物語」を配布したいのであれば、テキストデータの効率的な配信方法を考えればよいですし、手触り、素材感まで含めた「物理的な意味での作品」を配布したいのであれば紙以外に方法はないはずです。雑誌であっても、レイアウトを含んだ「視覚的な作品」として読者を楽しませたいのか、動画までを含めてレイアウトされた作品なのか、動画を資料として添付したいのか、そういったことが最初にあってしかるべきです。そうでなければYouTubeへのリンクで事足りるのか、メディアミックスによる配信方法を考える必要があるのかも決まりません。

そういった意味で、ユーザーに届けたいものの性質をストックとフローに分けて出版を考えることは、ひとつの目安になると思うのですが、当然その中間にはさまざまなものが存在します。

そのうちのひとつがapplipediaと呼べるような区分なのですが、その話はまた後日に。

Posted in 出版, 電子書籍

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.